ワーカー

鳩を駆除する方法|害獣は早めに対策しよう

家に被害を与える害獣

作業員

かわいくても凶暴な害獣

住宅に被害を与えるのは雨風、紫外線などの天候や、カビや植物、害虫の被害もありますが、動物の被害対策を考えている人は意外と少ないと思われます。しかし、ネズミやイタチなどの害獣の住宅に対する被害は甚大なものです。大切な家を守るためにイタチ駆除をする必要があります。イタチは田舎の山奥にしかいないというイメージもありますが、逆に山に人の手が入り、住むところを追われ、多くの野生動物が山奥から住宅地に移動してきているのが実態です。イタチは、一見かわいい見た目なので甘く見られがちですが、運動神経が良くて凶暴であるので、住宅に対する被害も相当なものになっています。畑や庭の植物を荒らしたり、家畜を襲って食べてしまうという例もよく報告されています。

駆除に許可が必要な場合も

ハクビシンもイタチの仲間で、雑食性のため家畜の鶏の卵や畑の作物を食べたり、住宅の屋根裏に住み着いて走り回って騒音を立てるという被害もよく言われています。イタチ駆除には専門の害獣駆除業者に依頼する必要があります。注意すべきなのは、野生動物はいくら人にとって害獣でも、県によってはイタチやハクビシンは天然記念物に指定されているものもあり、素人がイタチ駆除を勝手にしてはいけないことになっている場合もあります。また、イタチは非常にすばしっこい動物なので、素人が簡単には捕まえられません。経験も深いイタチ駆除業者に任せるのが賢明な方法です。イタチを捕まえるには、駆除専用の毒エサや罠を仕掛ける方法があります。