男性

鳩を駆除する方法|害獣は早めに対策しよう

家に被害を与える害獣

作業員

イタチなどの野生動物は、山奥から住宅地に移動して、人の家に被害をもたらします。家畜や野菜を荒らしたり、屋根裏に住み着いたりします。駆除は勝手に行ってはいけない場合もあり、専門のイタチ駆除業者に任せるのが賢明です。

詳細へ

イタチの駆除をする

一軒家

イタチ駆除をするには、まずイタチの生態を理解してどのような場所に被害が合ってどこを通り道にしているかを把握する必要があります。何でも食べてしまい嗅覚が発達しているイタチの特性を逆手にとって、仕掛けを仕掛ける必要があります。

詳細へ

イタチによるトラブル

2人の作業員

イタチが家に侵入してきたり、糞尿や鳴き声の被害に遭うことは珍しくはありません。しかし、それによって被害を受けることになるので、イタチを追い出すためにもプロの業者に頼っていくことで解決できます。こういった業者は迅速にイタチ駆除を行ってくれるので、これで被害に悩むこともなくなります。

詳細へ

専門店に依頼しましょう

はと

簡単には追い払えません

ベランダや駐車場の屋根などに鳩が住み着いてしまうことがあります。いったん住み着いてしまうとベランダなどがフンによって汚されてしまい、大変な思いをすることになってしまいます。鳩のフンなら新聞紙などを敷いておけばよいと考えるのは問題があります。なぜならば鳩のフンには多くの病原菌が含まれており、乾燥したフンは風などで舞い上がりやすくそれを吸い込んでしまう可能性があるからです。とくに高齢者や子供は免疫力が衰えやすいので、フンから病原菌に感染してしまう前に対処することが大切となります。対策では鳩に近づかせないようにすることが大切になります。これは個人でもできそうに思いますが、鳩は帰巣本能が強い鳥なので少々の対策を行っても必ず元の場所へと戻ってきてしまいます。

効果的に駆除できます

鳩対策は専門店に駆除依頼するのが効果的です。ベランダや駐車場の屋根などに住み着いてしまった時は、専門店に依頼し対策を行ってもらうようにしましょう。専門店では鳩の習性を利用して住み着くことができないよう対策を行っています。ベランダなどに近づいてきても、侵入することができないような方法でネットを張り巡らす方法なども熟知しています。ネットを張り巡らすだけなら個人でもできそうに思えますが、鳩の帰巣本能の強さは想像をはるかに超えるほど強いため、生半可な対策では何の効果ももたらさないばかりかかえって逆効果となってしまいます。対策が遅れてしまい鳩が巣作りに最適の場所と認識してしまうと、対策はさらに困難となってしまいます。そのため鳩がベランダや駐車場の屋根などに住み着いた時には、すみやかに専門店に依頼して適切な駆除方法で対策してもらいましょう。